Free fashion snap magazine Untitle.
関西に住む美大芸大生のリアルクローズにスポットを。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>










スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 〜78枚目 Untitle 2012 Last summer …and PARTY!!!〜 | main | 〜80枚目〜Untitleさよならパーティー 〜寺とcoffeeと私〜 公式サイトOPEN!!! >>
〜79枚目 SAYONARA PARTY!〜
こんばんは!

Untitleデザイナー&イベント担当の矢原です。




11/10(土)に控えたパーティーまで、あと21日。

先日はイベントの概要をざっと紹介させていただきましたが、今日はその内容をもうちょっと詳しく!書かせていただきます。



タイトルは

Untitleさよならパーティー

〜寺とcoffeeとわたし〜

です。


メインビジュアルですね。楽しげ。(ひとり気取っているのがわたしです)




開催日時は

11/10(土) 15:00〜21:00

萬福寺(大阪・堀江公園前)

入場料:¥500


休日の堀江公園ですよ…!

そして、Untitleスタッフの所属する大阪芸術大学は、なんと入試関係でおやすみだそう。(イベント日時決めてから知った)

これで大芸のみなさまは、より気軽に来れるのではないでしょうか。





さて、お待ちかねのブース紹介です。

《ブース紹介》

みなさまに楽しんでいただけるよう、わたしたちの今までの感謝の気持ちを伝えられるよう考えて、さまざまなブースを用意いたしました。

きっとあなたの気持ちを刺激するなにかがあるはず!



TALK---1部〜スタッフのこぼれ話〜

1部では、最終号までほとんど顔出しをすることのなかったUntitleスタッフ達が裏話を赤裸々に語ります。

なぜ、どうやってUntitleは生まれたのか?スタッフが見る美大生ファッションの特徴・移り変わりとは?なぜファッショニスタは撮らないのか?、スタッフしか知らないあんなエピソード etc...

わいわいと、でもUntitleの歴史や内部事情がよりよくわかって頂けるような内容にしたいと思っています。スタッフの思いを直接聞いていただけるのは、これが公式の場では最後の機会なので、よろしければ聞きにいらしてください。


TALK---2部〜聞き手にBooks DANTALION堺達朗氏を交えて〜

2部では中崎町のBooks DANTALIONでZINEショップを経営されている堺達朗さんに聞き手として参加していただきます。

編集長megを中心に、これからの雑誌やフリーマガジンはどうなるか?、Untitle休刊の理由、休刊して見えたものなど、1部が「過去」のまとめとするなら、2部は「未来」について語ることになります。

かくいう私も、Untitle最終号を手にして「あ、本当におしまいなんだ」と実感してからわかったことがたくさんあります。雑誌にできること、そして自分にできること。いろいろな可能性が見えてきた気がしています。

そんなスタッフの見据える「未来」についてのあれこれを、堺さんのお力をお借りして実のあるトークにしたいと思っています。

そして、このトークでは、みなさまが随時質問や意見を言えるような場になればいいな、と思いながら場作りをしていますので、ぜひ聞くだけではなく、ご参加くださいませ。


EXHIBITION

この3年間、スタッフが撮ったオフショットは軽く10000枚を超えているのではないでしょうか。(言い過ぎではないはず)

その中から、これは!と思うオフショットを集めました。Untitleが出来るまでの舞台裏をご覧下さい。

また、バックナンバーや映像の展示もさせていただく予定です!お楽しみに◎


SHOW---LIVE PAINT

みなさんはライブペイントを見たことがありますか?

出来上がった状態の絵を見るのとはまた違う迫力と、アーティストの技を目の前で堪能出来るその「場」は、なんとも言えない満足感を与えてくれます。

そんなライブペイントを、ぜひ体感してほしい!

そういった思いから、Untitleにゆかりのある&オススメのアーティストの方々に、お寺の中で(!)ライブペイントをしてもらうことになりました◎

アーティストの方々は後日、紹介いたします◎


SHOW---DJ

「イベントには音楽が必要だ。」そう豪語するのは他でもない、わたしです。←

秋空の下、昼のさわやかな堀江、そして夜のお洒落な堀江を音楽で彩ってくれるのは…まだ内緒です。笑

こちらのアーティストさまも近日中に発表いたしますので、楽しみにお待ちくださいね◎


SHOP---flea market

さて、Untitleがなんの雑誌か忘れたとは言わせません。

『関西の芸大・美大生のリアルクローズにスポットを当てるファッションスナップマガジン』です。

では実際に、彼ら/彼女らはどういった服を着ているのか?そう疑問に思った方に朗報です。

美大生の古着オンリーのフリーマーケットをさせていただきます。

他のショップではなかなか見られない独自のセレクトショップになること間違いなし。

ご期待ください!


SHOP---artist shop

美大生の中でも面白い作品を作っているアーティストさまのショップです。

可愛いかったり、ちょっとグロテスクだったり、シュールだったり。

アクセサリーや雑貨、Tシャツをご用意して待っています。

どれもお手頃ですよ、学生の皆さん!


SHOP---Books DANTALION

TALKにも参加していただく堺さんのショップに並ぶZINE。

普段は中崎町のお店かネットショップで購入できるのですが、そのDANTALIONさんに出張販売していただけることになりました!

編集長megと私デザイナー矢原のセレクトさせていただいたZINEもございます。

美大生や美大生に興味がある学生にはぜひ読んでもらいたい、とっても面白いものばかりなので、また詳しくご紹介しますね◎


FOOD---ONILAB.

個人的にONILAB.さんのカレーのファンなのです。(お願いした理由はそれだけではありませんが)

ONILAB.さんは女性2人のユニットで、カレーを愛し研究されている方々です。

だからこそ独創的で美味しいカレーができるのだなあ…と。

気になる方はぜひ、会場で召し上がってくださいね◎


DRINK---coffee

このイベントのタイトルにも組み込まれたコーヒー。

これは某コーヒーショップで働くカメラマン・ゆかちんの発案でした。

彼女がドリップしたコーヒーは絶品ですよ…!

ぜひ、秋風に冷えた身体を、ホットコーヒーで温めてください◎


DRINK---bar

「イベントにはお酒が必要だ。」そう豪……あれ?デジャブ。

こちらは私が担当させていただきます。

居酒屋とイタリアンで働いていた割に特別な知識があるわけではありませんが、美味しいお酒やソフトドリンクをみなさまに飲んでいただけるようがんばります…!

(Untitleイメージカクテルも思案中◎)


STAMP RALLY

会場では9人のスタッフが、首からスタンプを下げています。そのスタンプを全て集めると、…なんと、プレゼントがもらえちゃいます。

プレゼントとは?

それは、全部集めた人にしかお教え出来ません。気になる方は参加してみてくださいね◎


ただし!私たちがどこにいるかは内緒。(!)

隠れているわけではありませんが、基本的にこちらからお声がけはしないので、是非探してみてください。



(ちょっぴりヒント。↓)





ブースに関しては以上です!

いやー、盛りだくさんでしたね…。

このイベントの入場料が¥500だというのが信じられません。

……え? そのチケットについて発表があるって?(わざとらしい)





そう、このさよならパーティーの前売り券の販売が決定いたしました!

こちらは来週24(水)からで、現在以下のお店での委託販売を予定しております。


STANDARD BOOKSTORE 心斎橋店

FOLK old bookstore

・Lee shop 南堀江店


どちらも大好きなお店です。

もちろん手売りもしておりますので、スタッフを見かけた際はお気軽にお声がけくださいね。




お問い合わせはイベント担当、矢原までどうぞ。

メール:fsm.untitle@gmail.com

Twitter:@FSM_Untitle






では最後に。


先日、会場を視察したときの写真を公開!


3


萬福寺の入り口を入って、すぐに振り返った格好になるとこんな目線になります。

夜の堀江公園と、萬福寺の木の扉が合っていてお洒落ですね。(みんなブレッブレやけど)






わたしからの報告は以上になります。


めっきり寒くなってきましたが、みなさま体調はお変わりありませんか?

わたしは今体調を崩すといろいろと詰むので、身体を温めることにこだわって一日に味噌汁を二杯も三杯も飲んでいます。ええ、塩分が心配ですね。



さて、さよならパーティー特設サイトは日曜日に公開予定です。

お楽しみに!


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://father-is-dog.jugem.jp/trackback/81
TRACKBACK